竹友会とは?

早稲田大学竹友会は大正9年(1920年)古典本曲の集大成者故神如道先生によって尺八部として創設され、第二次世界大戦による中断を経て、昭和27年(1952年)に箏曲部が設立されました。21世紀の現在においても設立当初と変わらず、尺八古典本曲、地唄、古典箏曲の修得・演奏を通ずる人格の陶治を理念としています。早稲田大学のサークルの中でも特に古い歴史を持つ純邦楽サークルの1つです。東京オリンピックが行われます2020年には創立100周年を迎えます。100周年に向けて会としてのますますの繁栄を目指しています。

日々の活動

 毎週土曜日にプロの師範に来ていただき、個別にご指導を受けています。

 

尺八:神 令 先生    箏・三絃:阿部 勇介 先生

 

その他の曜日にも個人の都合の良い時に部室で練習をしています。それぞれのペースで活動を行っていますが、演奏会等の出演機会が近づくと共演者同士で都合を合わせて合奏練習を行います。

歴史ある大学公認サークルであることから、部室は学生会館10階E1001にあります。唯一の和室部屋で広さも一般の部室の2倍です。箏曲研究会さんと共同で使用しています。

会員は誰でも鍵の開け閉めができるため、授業の合間や自主練前後、お稽古前後についつい長居をしてしまう憩いの場となっています。基本的には部室で練習を行いますが、混んでいる時は学生会館1階の和室や茶室でも行えます。

その他の曜日にも個人の都合の良い時に部室で練習をしています。

1年の流れ

4月の入学式前後に竹友会も他のサークルと同じように本キャンにブースを出して新歓をします。楽器を持って行って新歓をしていますので、興味のある方は是非いらしてください。忙しすぎずサークル活動を行うことが可能であれば上級生も、日常会話が可能な方なら留学生も大歓迎です!これまでにも、大学院生や留学生が半期から一年ほど一緒に活動してくれています。また出演機会として、入会から1年経った会員が関東学生三曲連盟の新人演奏会、古典芸能連盟主催の合同演奏会があります。

6月に竹友会前期定期演奏会を学生会館地下2階多目的ホールで行っています。だれでもお気軽に足を運んでください。定期演奏会は竹友会の中でも最重要イベントなので気合を入れて練習をしています。打ち上げのお酒はとても美味しいです!!他にも関東学生三曲連盟の合宿もあります。ここでは普段あまり関われていない他大学の学生たちともかなり仲が良くなります。

2月から3月にかけて、春合宿を行います。夏が後期定期演奏会に向けてならば、春は前期定期演奏会をはじめとするたくさんの演奏会へ向けて練習します。3年生は就職活動や大学院試験、4年生は卒業に向けての忙しい時期なので1年生2年生中心になりますが、お稽古の時間が増えてじっくり先生に見ていただける他、少人数で和気あいあいと過ごせます。

 

後期演奏会が終わると幹事の引き継ぎがあり、竹友会の雰囲気もがらりと変わります。年末には関東学生三曲連盟による「おさらい会」という内輪向けの演奏会も催されます。2月から3月にかけて、春合宿を行います。夏が後期定期演奏会に向けてならば、春は前期定期演奏会をはじめとするたくさんの演奏会へ向けて練習します。3年生は就職活動や大学院試験、4年生は卒業に向けての忙しい時期なので1年生2年生中心になりますが、お稽古の時間が増えてじっくり先生に見ていただける他、少人数で和気あいあいと過ごせます。

三月末には卒業演奏会があります。これは大学を去る4年生から在校生に向けての演奏会です。長い人は大学生活四年間、丸々竹友会に所属していた人もいるので毎年貫禄のある演奏を聴かせてもらいます。その姿を見て、在校生一同「こんな演奏ができるようになりたい!」と練習に励みます。名残を惜しみながらの追い出しコンパが終わると、卒業生は社会へ、そして在校生は再び新歓へ……。

他団体との交流

竹友会は

・東京近郊の大学25団体が加盟する「関東学生三曲連盟」

・早稲田大学の古典芸能サークルが加盟する「早稲田大学古典芸能連盟」

に所属しています。

関東学生三曲連盟では毎年必ず新人演奏会に参加しています。その他関東学生三曲連盟定期演奏会やおさらい会などのイベントでも大学の学生たちと練習・共演したり、年2回の合宿、毎月の懇親会等で交流をしています。早稲田大学古典芸能連盟では年2回の合同演奏会で他の古典芸能サークルと交流しています。

近年では他大学の演奏会に賛助(※足りないパートをお手伝いとして演奏させていただくこと)として参加するなど活動の幅を広げています。その他にも、国際コミュニケーションセンター主催の外国人向けのイベントにも参加し、日本文化を伝える活動も行っております。

基本的に先生からのお稽古は古典曲で竹友会として古典音楽のみを扱っておりますが、個人的に現代曲を練習して他団体との共演を楽しんでいる会員もいます。関係者の皆さんからも多大なご支援をいただいて、現役生はのびのびと活動しています。

inserted by FC2 system